ヘルスケア・製薬

製薬・ヘルスケア業界は、新薬開発の成功率低下や開発コスト増加などの経営課題に直面しています。企業は異業種連携やデジタル技術の活用を通じて、未病・予防領域への取り組みや効率化を目指す必要があります。富士通は、業界の変革を支援するため、データ解析やAI技術を活用した価値提供を行っており、企業の競争力向上に貢献しています。

主な支援領域

医療データ活用サービス

電子カルテ情報を標準化し、クラウドで安全に医療データを活用できるプラットフォームを提供。医療機関・製薬企業と連携し、デジタルヘルスエコシステムで個別化医療や新薬開発を促進します。

企業の健康経営

従業員の健康データを集約・分析し、健康阻害要因の特定と経営指標への影響度を予測。健康経営の推進と生産性向上を目指し、心身ともに健康で活力ある職場環境を実現します。

新薬開発のデジタル化

新薬開発のデジタル化を支援し、データ活用やAI技術で開発期間・費用削減を目指します。クラウド型プラットフォームで医療データを安全に利用し、創薬プロセスの効率化に貢献します。

顧客接点・関係の強化

先進のICTを活用し、医療・健康データの効果的な活用や顧客対応の最適化を実現。新しい患者体験の創造に貢献しています。

製造販売後調査

医薬品の有効性・安全性を確保するため、データ収集・管理を効率化し、迅速な対応を可能にする支援を提供しています。これにより、医療機関と製薬企業が円滑な情報共有ができ、業務の効率化が図られます。

地域医療ネットワーク

地域医療ネットワークにおいて、医療機関間の安全な情報共有を実現。診療情報の集約・共有により、地域住民の安心な暮らしを支え、医療提供体制の確立に貢献します。

病院経営の変革

先端ICTを活用し、労働時間管理やリソース管理を最適化することで、最適な病院経営を支援しています。

福祉関連ビジネスの変革

福祉・介護の変革を支援し、地域や個人に合わせたワンストップ総合福祉を実現。効率的な業務運営や働き方改革を促進し、安心して暮らせる健康長寿社会を目指しています。

関連ソリューション

医師がコントロールルームでCTスキャンを実行

お客様とともに成長し、課題に寄り添う豊富なソリューション

先進のICTを活用したヘルスケアソリューションを通じて、子どもからお年寄りまで全ての人々が安心して安全に、そして健やかに暮らせる健康長寿社会の構築を実現します。

富士通の視点

[共同研究]がん患者のQOLを高める「がんゲノム医療」の普及拡大を目指して—治療薬の選択を支援するAI技術とは

がん組織の遺伝子変異を解析した上で最適な治療を行う「がんゲノム医療」は、一人ひとりのがんの遺伝子変異に応じたオーダーメイド医療を実現できることから、「夢のがん医療」と期待が寄せられています。

サステナブルな世界を実現する Key Focus Areas

お客様事例

The inside of a laboratory room

愛知県がんセンター 様 - AI技術を用いてがんゲノム医療の迅速な治療薬選択を支援 -

愛知県がんセンターは、がんゲノム医療において患者の遺伝子変異情報から有効薬剤情報を迅速に絞り込むシステムを構築しました。富士通のAI技術(情報抽出とグラフ構造化)を用いることで、膨大な医学文献やデータベースを調べる必要のある医師の負荷を大幅に軽減しました。