Consulting by Fujitsu 誰も行かない道こそ、未来だ。

穏やかな海で航海するヨットのデッキからの眺め の写真

ハイライト

国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(cop28)開催地 の写真

国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)に参加

富士通は、事業活動に伴う温室効果ガスの排出量(Scope1,2)をグループ全体で2030年度までに100%削減するほか、2040年度までにバリューチェーン全体のScope3をネットゼロにすることを目標としています。
COP28 ジャパン・パビリオンのパネルディスカッションにおいて、富士通 青柳一郎が、気候変動に対する考え方や富士通が行っている施策を報告しました。

オーロラと冬山の風景写真

CxO意識調査:サステナビリティ推進 7割が「最重要」

富士通が企業・組織の経営者層を対象に行った、2024年の最新アンケート調査にて、事業成長とサステナビリティ目標の達成を両立させるには、他組織との協働が重要と考える経営者が多くなっていることが明らかになりました。強固なパートナーシップを構築するために、必要な取り組みや考え方とは。本調査レポートの速報を紹介します。

黄金の光に照らされた天空都市マチュピチュ遺跡 の写真

人と自然が共存する豊かな未来へ

「サステナビリティとビジネス目標の両立は可能なのか」の疑問に対し、富士通 SVP 青柳 一郎が、4つのステップを踏んだアプローチを提案。デジタル技術とテクノロジーの活用を通じて、カーボンニュートラルや循環型社会(サーキュラーエコノミー)の分野で、今成果を上げる方法を探ります。

Fujitsu BizNews購読

サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)推進に関する富士通のインサイトやビジョンを、最新のテクノロジー・トレンドとともにお届けします。

スマートフォンを見ているビジネスウーマン
スマートフォンを見ているビジネスウーマン

プレスリリース/お知らせ

会議のテーブルでアイデアを議論する若手社員

採用

富士通グループでは、社員一人ひとりが自身の強みを多様なフィールドで発揮し、各組織・会社としての強みを最大化しながら、地球や社会をより良いものにしていくことを目指しています。